ゆるるん飼育 ~老犬ノススメ~
ショートムービーにご協力していただける方を募集しています。右のリンクからどうぞ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
留守番中の問題行動の多くは「分離不安症」
2014年11月17日 (月) 21:00 | 編集
分離不安症と思われる相談や悩みをよく聞きます(;^▽^)

分離不安症とは一人になると強い不安を感じて
吠える・いたずらする・トイレを失敗するなどの、
問題行動を起こすことを言いますヽ(;´Д`)ノ

普段は大人しくしっかりしていても、
飼い主が側にいない留守番中などに問題行動を起します。

犬は群れを作るため、孤独には強い方ではないそうです。
そのため、このような分離不安症にはなりやすい傾向があるみたいです。
ちなみに、分離不安は人間の赤ちゃんでも見られるそうです。

ですが、原因の多くは飼い主による、過保護な飼育環境といわれています。Σ(゚Д゚)ガーン

このような話をすると、過剰に無視をしたり、相手をしなくなる飼い主がいます。
今度は愛情不足でストレスから問題行動を起す犬となってしまいます。


何事もバランスよく愛犬と接してくださいね。.._〆(゚▽゚*)

★ミ。:.☆ミ。:.★ミ。:.☆ミ。:.★ミ。:.☆ミ。:.★ミ。:.☆ミ。:.

『老犬の飼育・老犬に向けて』


ランキングに参加しています、よかったら「ポチッ」とお願いします音譜
    
「ブログ村ランキング」   「blogramランキング」

★ミ。:.☆ミ。:.★ミ。:.☆ミ。:.★ミ。:.☆ミ。:.★ミ。:.☆ミ。:.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco